眠れない時に本当に効果のある方法とは

ぐっすり眠りたいのに眠れない不眠症状。なぜ眠れなくなってしまうのか、どのようにすれば改善できるのかをきちんと知っていますか?眠れない状態が続くと身体も心も辛いままなので、しっかり対策をして治したいものです。不眠改善には様々な方法が取り上げられていますが、本当に効果がある方法を見つけることが何よりも大切です。

このサイトでは不眠改善に役立つ情報をたくさん集めているので、眠れないことに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

眠たくなる7つの方法をチェック

少しでも眠れるようになるため、今すぐ実践できる「眠たくなる方法」をチェックしましょう。生活習慣から食事、アロマまで、知っているようで知らない不眠対策方法をまとめてみました。ちょっとした対策をとるだけでも不眠症状が緩和されることも多いので、まずは色々試してみませんか。

  • 生活習慣を見直す

    知らず知らずのうちに眠れないようになる生活習慣をしていることがあります。スマホやパソコン、部屋やベッドの環境、飲み物など、少し気をつけるだけでも眠りやすくなる生活習慣を身につけましょう。

  • 食事を改善する

    普段何気なく口にしている食事が、睡眠に悪影響を及ぼしていることもあります。心地よい睡眠を妨げてしまう食事の内容や眠りやすくなる食事内容を知り、今の食事を見直しながら改善していきましょう。

  • ツボを押す

    人間のツボの中には押すだけで眠たくなるツボが存在します。首や手の平などに睡眠に関係するツボがあるので、ちょっとした時間に押してみましょう。道具も必要とせず手軽にできるので、試してみては?

  • アロマを使う

    アロマの香りは感情に良い影響や良い気分をあたえてくれます。眠りやすくなる香りのアロマを使うと、心身の緊張や不安がほぐれ、リラックス気分になれます。アロマはストレスからくる不眠の方におすすめです。

  • 音楽を聴く

    音楽を聴くだけで人は気分が変わるものです。バイノーラルビートやオルゴールなど、不安感をなくしたり気持ちを落ち着かせる効果のある音楽を、寝る30分くらい前からかけてみると、体や心がリラックスできます。

  • 数を数える

    昔から「羊を数えると眠くなる」と言われているので、眠りたい時に数えている方もいるのでは。ただ日本人は羊に馴染みがないため効果はあまり期待できません。その代わりにフィボナッチ数列を数えてみましょう。

サプリを飲む

もっとも手軽かつ根本的な改善をしたいなら、サプリメントの摂取がおすすめ!睡眠の質を改善してくれるサプリメントなら自然な睡眠を誘導し、不眠対策にぴったり。睡眠薬と違い、安心して飲めるのも魅力です。

お薦め
重要

本当に睡眠を改善したいのならば
体の中から改善しよう

「眠りたいのに眠れない」「寝ても夜中に目が覚めてしまう」「朝起きても疲れや眠気が残っていて仕事にならない」など、不眠は様々な悪影響を及ぼします。眠れたらどんなに体が楽になるか…と考えることでしょう。

本当に睡眠を改善しようと思ったら、その場限りの対策ではなく、体の内側からしっかりと治すべきです。そのために必要なのは睡眠の質を高める栄養素です。不眠を改善する栄養素を体にしっかり補うことで、朝すっきりと起きられる質の良い睡眠をとることができます。

あなたが摂るべき不眠症に効く栄養素一覧

不眠症改善に効果のある栄養素を摂って、体の中からしっかり対策をしてあげましょう。夜しっかりと眠りたい方におすすめなのが、次の5つの栄養素です。ただし、これらの栄養素を毎日食事だけで必要量を摂取するのは大変なので、サプリメントから摂取して補ってあげましょう。

テアニン

お茶に含まれているテアニンは、摂取することで神経伝達物質ホルモンの分泌が促され、リラックスできます。寝つきが良くなるほか、起床時の疲労感の減少、シャキッと寝覚めが良くなるなど快適な睡眠が期待できます。

トリプトファン

トリプトファンは体内でセロトニンとメラトニンを生成します。セロトニンがイライラを抑え、メラトニンが良質な眠りへと導くため、トリプトファンの十分な摂取が快眠へつながります。

メラトニン

脳内にある松果体という場所から分泌される、睡眠に深く関係する睡眠ホルモンの一つです。脳内から自然分泌されますが、生活習慣や環境変化により増減するため、メラトニン分泌を食事やサプリで誘導することが重要です。

GABA

天然アミノ酸の一つで、人間の体内や植物、動物に広く存在します。脳や脊髄にて抑制性の神経伝達物資として働くため、GABAを摂取すると神経の興奮が落ち着きやすくなります。

グリシン

保存料や調味料などで広く使われているアミノ酸の一つです。摂取すると血管を拡張し、血液量が増加。血液量が増加することで体の温度が上がり、その後体温調節機能によって下がることで入眠が促されます

体験レポート

不眠対策法が本当に効くか睡眠計で検証しました

ツボ押しや音楽などの不眠対策法、結局本当に効くのか分からないですよね。そこで本当に効くのかどうかを、タニタの睡眠計で調べてみました。睡眠計は高精度体動センサーで睡眠の状態を測定し、睡眠の質を計れるものです。不眠対策法6つを実践して睡眠点数を計り、どのように変わったかを紹介します。

注目

副作用・安全性が気になる人におすすめの
睡眠サプリメントリスト

  • リフレのぐっすりずむ

    参照元:リフレのぐっすりずむ公式サイト
    (https://hc-refre.jp/lp/cp.php?id=32)

    リフレのぐっすりずむ

    L-テアニン200mgのほか、GABAやグリシンなどもバランス良く配合。水色&文字付の可愛いカプセルもポイントです。

  • グリナ

    参照元:味の素公式オンラインショップ
    (https://www.ajinomoto-kenko.com/ff/glyna/)

    グリナ

    スティック1本あたりグリシン3,000mgを配合した、愛用者100万人のサプリ。すみやかな睡眠導入ができます。

  • グッスミン 酵母のちから

    参照元:ライオン公式オンラインショップ
    (http://www.lionshop.jp/hc/koubo/)

    グッスミン 酵母のちから

    歴史ある酒造から発見された清酒酵母GSP6を配合したサプリは、摂取すると脳は”デルタ波”が増大します。

  • 爽眠α

    参照元:株式会社プログレ公式サイト
    (http://progres-fukuoka.com/)

    爽眠α

    1日4粒でL-テアニンを200mg摂取できます。国内GMP工場製造のため安心して飲むことができます。

  • 快眠サポート

    参照元:ファンケルオンラインショップ
    (http://www.fancl.co.jp/Items/Detail?category=02&item_code=5393a)

    快眠サポート

    牛乳や大豆に含まれるアミノ酸の一つ、L-セリンを配合。爽やかなレモン風味で飲みやすいと評判です。

  • テア眠

    参照元:タイヨーラボ公式オンラインショップ
    (https://www.taiyo-labo.jp/products/detail.php?product_id=61)

    テア眠

    スティック1本でL-テアニンを200mg摂取できます。太陽化学のサンテアニンを使用した安心感のあるサプリです。

  • テアニン快眠粒

    参照元:DMJえがお生活公式オンラインショップ
    (https://www.dmjegao.com/items/view/12801GD0016028)

    テアニン快眠粒

    L-テアニン配合で、浅い眠りや朝の疲れを軽減。一過性作業によるストレスも軽減できます。

  • サンテアニン200

    参照元:タイヨーラボ公式オンラインショップ
    (https://www.taiyo-labo.jp/products/detail.php?product_id=59)

    サンテアニン200

    1日4粒でL-テアニン200mgを摂取できるサプリです。世界各国で使われている太陽化学のサンテアニンを使用しています。

  • 快眠サプリ

    参照元:オリヒロ株式会社公式サイト
    (http://health.orihiro.com/f-foods/product/a151.html)

    快眠サプリ

    L-テアニンを200mg配合したサプリで、飲みやすいレモン風味の類粒スティックになっています。

睡眠サプリメントおすすめ3選

3 elections of sleep supplement recommendation

睡眠サプリの中でも評判の高いサプリを3つ選出しました。 価格・成分から自分に合った続けられるサプリを選んでみてください。

  • リフレのぐっすりずむ

    リフレのぐっすりずむの商品画像

    参照元:リフレのぐっすりずむ
    (https://hc-refre.jp/upload/save_image/04131502_570de0efa8e0e.jpg)

    1日あたりの価格96.1

    おもな成分L-テアニン

    L-テアニン200mgのほか、GABAやグリシンをバランス良く配合。睡眠の質の改善だけでなく、作業等のストレスの解消にも役立ちます。

  • グリナ

    グリナの商品画像

    参照元:グリナ
    (https://www.ajinomoto-kenko.com/ff/glyna/)
     

    1日あたりの価格237.6円

    おもな成分グリシン

    1日あたりグリシン3,000mgを手軽に摂取できます。すみやかに睡眠を導入するため、飲むだけで睡眠のリズムが整います。

  • グッスミン

    グッスミンの商品画像

    参照元:グッスミン
    (http://www.lion.co.jp/ja/products/37)
     

    1日あたりの価格176.9円

    おもな成分清酒酵母GSP6

    他の酵母よりも深い睡眠をもたらす清酒酵母GSP6を使用。睡眠の質やスッキリとした目覚めをサポートするサプリです。

睡眠改善薬
の効果を
口コミで
検証しました!

不眠に悩む方のために市販されている薬が「睡眠改善薬」です。医師の処方が必要な睡眠薬は病院でしか貰えませんが、睡眠改善薬は近くにある薬局やドラッグストアで購入が可能です。「不眠みたいだけど病院に行くのはちょっと」「病院に行く時間がないけど症状を何とかしたい」という方に睡眠改善薬は向いています。眠りが浅い、寝つきが悪いといった一時的な不眠症状に使用する薬で、風邪薬などに使われる有効成分の眠くなる作用を利用して睡眠へと誘導します。睡眠改善薬にはどのような種類や効果があるのか、ここでいくつか紹介しましょう。

睡眠改善薬として最も有名なのが、エスエス製薬が販売しているドリエルです。抗ヒスタミン剤の一種であるジフェンヒドラミン塩酸塩を配合し、一時的な不眠症状を緩和します。CMでもよく目にし、薬局やドラッグストアでも取り扱いが多いので購入しやすい製品です。

グラクソ・スミスクライン社が販売しているナイトールは、ドリエルと同様にジフェンヒドラミン塩酸塩50mgが含有されています。「飲めばしっかり寝られる」「旅行先でも重宝した」など、効果についての口コミ評判は高く、安心して使用できます。

大正製薬から販売しているネオデイも、他の睡眠改善薬と同様にジフェンヒドラミン塩酸塩50mgを含有しています。小粒錠なので飲みやすさもバッチリです。「ゆっくりだけど確実に寝られる」「自然な眠りで安心」などの評価の高い口コミも多く、安心して使用できます。

ページトップ